定期通販のお客様

グラフ

定期通販物流の課題

1 同梱施策

 定期購入回数やその他、条件に応じて注文単位で自動的に同梱物(ちらし、おまけ)を付ける  ことができない。

2 コンビニ後払い

後払い比率が多く、WMSから検品バーコード付きの払込用紙の直接印刷ができない。

3 トライアルキット

セット品の制作指示、バラシ指示がシステムでできない。

4 ロット管理

ロット、消費期限の管理ができない。

5 バッチ生成

同じ商品、同じ同梱物の注文をグルーピングしてバッチ生成ができない。

  


RPAが同梱施策を自動化します

定期通販に不可欠な同梱施策ですが、きちんと対応できる
システムはあまりありません。


定期通販では、商品アイテム数よりも同梱物の点数が多いのが通常です。
定期購入回数や注文回数、その他条件に応じて注文単位で自動的に同梱物(ちらし、おまけ)を付けられる機能が不可欠です。同梱物は納品書に表示できませんので、通常、オーダーピッキングリストに同梱物を表示させます。紙の枚数が多くなり、伝票帳合作業に多くの時間を取られます。

リピロボの詳細ページを見る

同梱施策

後払い同梱が不可欠な定期通販物流

定期通販に不可欠な決済方法ですが、きちんと対応できるシステムはあまりありません。

定期通販では、コンビニ後払い決済が一番多いのが通常です。また、払込用紙の同梱も不可欠な業務です。オリジナル帳票と標準帳票をwebから直接印刷する技術を開発しました。これにより、検品バーコードとバッチNo.を後払い払込票に記載することが可能となりました。
このクラウド印刷のテクノロジーで別途、納品書を同梱する必要もなくなり、印刷、帳合作業が簡素から生産性が格段に向上しました。

一部の決済方法では、API連携も開発しました。
・NP後払い
・クロネコ後払い

apli

Webからセット組制作指示

SKUごとにロット管理、消費期限管理が可能です。

定期通販では、ロット管理が必要な商品が多くあります。健康食品の場合、消費期限管理も重要です。AiR Logiでは、SKUごとにロット管理する・しない、消費期限管理する・しないの設定が可能です。出荷猶予日数の設定も可能なため、健康食品の管理には最適です。

消費期限が少ない在庫は、引当て不可能な在庫区分に移動して管理もできます。

apli

商品ごとにロット管理

SKUごとにロット管理、消費期限管理が可能です。

定期通販では、ロット管理が必要な商品が多くあります。健康食品の場合、消費期限管理も重要です。AiR Logiでは、SKUごとにロット管理する・しない、消費期限管理する・しないの設定が可能です。出荷猶予日数の設定も可能なため、健康食品の管理には最適です。

消費期限が少ない在庫は、引当て不可能な在庫区分に移動して管理もできます。

apli