NEWS / お知らせ

NEWS
お知らせ

2020年10月02日
コマースロボティクス

スマホだけで物流マテハンの全機能を実現できるTAS(Tablet Assort System)をリリース

株式会社コマースロボティクスは、IOT機器だけで先進の物流マテハン機器を代用するシステム開発に成功、2020年10月1日より販売を開始いたします。

EC物流の拡大とともに物流ロボットや物流マテハンの利用が進んでいますが、導入コストが高いので手軽に利用することができませんでした。コマースロボティクスは、スマホだけで物流マテハンと同等機能を利用できるIOT機器TAS(Tablet Assort System)を10月1日に正式リリースいたしました。

TAS(Tablet Assort System)は、一切の工事が不要で、1ユニット月額20,000円からレンタルで利用できます。分配用の棚は、既存の中軽量棚や移動棚がそのまま利用できますので、すぐに運用開始が可能です。また、クラウドWMSをカスタマイズすることでAGV(物流ロボット)の後工程の分配に利用が可能です。

gate


【TASの動画】
https://www.youtube.com/watch?v=yV2ws-dTNfU

【開発の背景】
コロナ禍でEC市場が拡大する中でいぜんとして物流現場は、人手不足が続いています。このような中でAGV(物流ロボット)や物流マテハンなど最新のマテハン機器の導入が進んでいますが、ECサイト運営会社や中小の3PLなどでは、コスト的にこのようなマテハンを導入できない状況も多く見受けられます。TASは、スマホと所有する中軽量棚を組合わせて運用するだけで低コストで容易に物流マテハンを実現できる画期的なサービスです。WMSのバッチ数とスマホの間口数設定を切り替えることで間口数を簡単に切り替えることができるため、いろいろな現場への導入が可能となりました。

一般的な物流マテハンでは、WMSとは別にロケマスタを持たなくてはならないため、ロケマスタの2重管理やトータルピックシステムとの自動連係ができないなどの問題もありました。TASは、クラウドWMS「エアロジ」と完全連携することでバッチ作成からトータルピック、TAS分配の一連の動作を連動させることが可能で、システム連携も一切不要ですぐに使いだしができることが特長となります。

TASの後工程で宅配会社の送り状をオンデマンドでクラウド印刷できるオートプリンと連携して、検品後に送り状印刷も可能です。

【導入社の反響】
WMSのバッチ生成やトータルピックシステムとの連携などが同一システムとしてまとまっており、初期のハードウェア購入費用などがないため、想像を絶するコストダウンが実現できました。運用も問題なくできています。

通常初期導入コストが数千万円のところが、月額数万円レベルでの運用が可能で90%以上のコストダウンも夢ではありません。

すでに上場企業グループで運用を開始しています。


問い合わせ先

株式会社コマースロボティクス
住所 :105-0021東京都港区東新橋2-11-4マヤパダ汐留プラザ5F
電話 :03-4431-1337