送り状後出し

SCMロボット「コマースロボ」

送り状後出し

AirLogiでピッキング後にハンディ検品を行い、その場で送り状・納品書の印刷を行える機能です。通常、倉庫の事務作業は「帳票印刷→帳合→ピッキング→梱包」が一般的な流れですが、AirLogiの後出し機能を導入いただくと帳合作業が不要になり、「ピッキング→印刷/梱包」と作業工数が大幅に短縮され、事務処理の削減に繋がります。

後出し帳票印刷