在庫ロボットと在庫管理システム(WMS)との違い


ストア在庫管理は在庫ロボット、リアル在庫はクラウドWMS

       ストア在庫同期させて一元管理するのが在庫ロボット、倉庫在庫を管理するのがクラウドWMS。
在庫ロボット機能を有する受注管理システムが便利で普及が進んでいる。

dark and light

  在庫ロボット 倉庫・在庫管理システム(WMS)
目的 ストア在庫の同期と一元的管理 リアル在庫の管理
管理項目 ・論理在庫の管理(ストア在庫共有)
・商品管理
・リアル在庫の管理
・入荷管理
・出荷管理
・返品管理
ユーザー ・他店舗出店をしているストア ・3PL(EC物流)
・出荷件数の多いプロのストア
・アパレル、雑貨で商品点数の多いストア
・ビューティー系でロット・消費期限管理が必要なストア
ストア在庫共有 可能 不可能
課題 受注処理と連動していないと入庫値を在庫に反映することができないため、在庫ロボット機能を有する受注管理システムに置き換えが進んでいる。 物流、在庫管理業務が効率化できるが、知識がなく中小ストアなど人海戦術で対応しているところも多い。大手ストア以外に認知度が低いところがネックとなっている。